企業情報

トップページ > 企業情報

会社概要

会 社 名 株式会社山陽計算センター
所 在 地 〒700-0986 岡山市北区新屋敷町1-1-18
山陽新聞製作センター4F
電話(086)805-3415 FAX(086)805-3414
設  立 昭和38年
資 本 金 1,000万円
売 上 高 4億900万円 (平成28年11月決算)
社 員 数 38人(契約社員含む)
事業内容 ・システム開発
・情報処理サービス
・データ入力サービス
・ホームページ作成、管理
・サーバー/ネットワーク構築/管理
・セキュリティ対策
・パッケージソフト開発、販売
・パソコン及び関連機器の販売
・特定労働者派遣事業
役  員 代表取締役社長  西谷治朗
    取締役  越宗孝昌
    取締役  松田正己
    取締役  平松一泰
    取締役  種本浩二
取引銀行 中国銀行
トマト銀行

●JR岡山駅から 徒歩約15分

経営理念・行動指針

経営理念

<基本理念> 我々の精神的支柱であり、会社の存在理由です。
「利他の心」をベースに、ITを通じて、地域の未来づくりに貢献します。

「利他の心」とは、自分より相手のためを思う心、相手が喜ぶことを自分の喜びとする心の持ちようです。これを基本に、地域社会の役に立つ存在になろうという基本姿勢を表しています。

<ミッション> 我々に課せられた使命であり、目指すべき目標です。

1つ、山陽新聞グループの良きパートナーになります。
1つ、地域の中小企業・団体と共存共栄の関係を築きます。
1つ、従業員とその家族の物心両面の幸福を追求します。

<ビジョン> 3~5年後の、ありたい姿を示す、中期的な目標です。

健全経営の確立
信頼の獲得
働きがいと将来展望の構築

行動指針

<社員行動指針>「経営理念」実現のために必要な行動・心構えです。
私たちは、顧客満足の最大化に努めます。

・常に顧客の立場で考え、誠実かつ確実に提案・解決することで、信頼を不動のものにします。
さらに顧客が期待するレベルを超 えた満足を提供することで、感動、感謝されることを目指します。

私たちは、コスト意識を徹底します。

・仕事に対する考え方、やり方、仕組みを徹底的に見直して、無駄を省き、生産性を高めることで、利益の確保に努めます。全員 が経営感覚を持って、厳しい時代を生き抜く強固な組織基盤を築きます。

私たちは、常に自己変革に努めます。

・社会環境や業務の変化に対応して、絶えず自らの意識を変革し、マンネリを打破します。
「指示待ち」「今まで通り」といった受 身を排除し、自ら考え、前へ進みます。

私たちは、チームワークを大切にします。

・コミュニケーションを密にして、相互の信頼を深め、目標達成に向かって互いに協力します。
協力することで「1+1=3」の効果 や、一人では考えつかない知恵を生み出します。

私たちは、日々改善します。

・現状に満足せず、常に問題意識を持ち、「より良く」を求めて、業務の改善に努めます。
小さな改善の積み重ねが、業務の質を 高め、顧客のさらなる信頼の獲得につながります。

私たちは、社会貢献活動に取り組みます。

・地域社会や環境問題に目を向け、必要とされる貢献活動に前向きに取り組みます。
良き社会人として、ささやかでも地域に役 に立つことを喜びとします。

<社員行動三原則> 日常の心得です。

(1)あいさつの励行
(2)「報・連・相」の徹底
(3)逃げない、あきらめない

沿革

1963(昭和38)年12月 電子計算機による事務合理化を目的に、岡山県下の草分けとして設立。
事務所は岡山市柳町の山陽新聞社内。
1964(昭和39)年 1月 「UNIVAC 60」導入。続いて「UNIVAC 1004」導入
1965(昭和40)年 9月 受託計算業務を本格化。以後、地元企業、病院、学校などから各種業務を受託する。
1972(昭和47)年 9月 ミニコンピュータ、複写機などの機器販売を開始。
1977(昭和52)年 3月 中四国初の「漢字情報処理システム」導入。
1982(昭和57)年 7月 日本ユニバックの代理店としてパソコン等の販売開始。
1984(昭和59)年 6月 NEC「ACOS 450」導入。
1985(昭和60)年 9月 山陽案内広告社から広告組版を受託。
1989(平成元)年10月 IBM「AS 400」導入。
1992(平成 4)年10月 「岡山の統計データ」「岡山の野の花」など、小中高校生向けパソコン教材を開発、販売。
1995(平成 7)年 3月 NEC「パラレルACOS PX7500」導入。
2003(平成15)年 5月 岡山市北区新屋敷町の山陽新聞製作センター4階に本社移転。
2008(平成20)年12月 1営業本部4部制から、5グループ制に機構改革。

グループ会社

山陽新聞社 http://c.sanyonews.jp/
山陽印刷   http://www.sanyo-pc.com/
山陽新聞事業社 http://www.sj-smile.com/
山陽折込広告センター http://www.soac.co.jp/
山陽新聞印刷センター http://c.sanyonews.jp/company/group/sanplaza/
山陽新聞販売 http://www.sanyo-hanbai.jp/okayama/index.html
山陽新聞倉敷販売  http://www.sanyo-hanbai.jp/kurashiki/index.html
岡山ネットワーク  http://www.oninet.ne.jp/
テレビせとうち http://www.webtsc.com/
テレビせとうちクリエイト http://www.tsccreate.co.jp/
岡山シティエフエム http://www.fm790.co.jp/
岡山エフエム放送 http://www.fm-okayama.co.jp/
山陽新聞社会事業団  http://c.sanyonews.jp/company/group/jigyoudan/